キャッシング用語集

キャッシングをはじめると専門用語がたくさん出てきます。 ここではキャッシングに関する専門用語をあいうえお順に掲載し、 意味を分かりやすく説明しています。特にこれからキャッシングをはじめる方 はぜひ活用して下さいね。

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 |

−か行−

かーどきゃっしんぐ【カードキャッシング】

カードキャッシングとは、ローン専用カードやクレジットカードなどのカードを使用してお金を借りることです。カードローンとの違いはキャッシングは短期間、緊急な用途での融資で、カードローンは長期的、計画的用途での融資です。金利はキャッシングの方が高いのが一般的です。

かしきんぎょうとうろくばんごう【貸金業登録番号】

貸金業を営業する為には、財務大臣(委任により財務(支)局長)または都道府県知事への登録が必要(貸金業規制法第3条)です。
営業所などを2つ以上の都道府県に設置するときは財務大臣に、1つの都道府県のみで営業する場合は都道府県知事に登録する必要があります。登録の申請が認められると登録番号が通知されます。
また、この登録は3年毎に更新しなければならず、貸金業登録番号のカッコ内の数字は初年度「1」から始まり更新ごとに数字が増える。たとえば「関東財務局長(1)第00000号」という登録番号の場合、この業者は登録後3年以内であることを示しています。
その登録番号は事務所や広告に表示する義務があります。但し、業者の中には登録番号を詐称したり、登録をしていないのに広告等にでたらめな登録番号を載せている悪徳(悪質)業者もみられます。
東京都の場合、東京都公式ホームページで東京都知事登録業者の検索ができますのでおかしいと思ったら申し込みをする前に必ず確認してください。

参考:登録貸金業者情報検索入力ページ

また、日本消費者金融協会(JCFA)に加盟しているかどうかを確認することも有効です

かしだおれ【貸し倒れ】

貸し倒れとは、貸したお金が回収できなくなることです。

がんきん【元金】

元金とは、実際に借り入れた、利息を含まない金額のことです。 キャッシングの返済では、実際に借り入れた金額(元金部分)と金利の支払いに充てる利息部分に分かれます。

がんきんきんとうへんさい【元金均等返済】

元金均等返済とは、月々一定の元金に利息を加えた額を返済する方法です。 返済するごとに残高が減るため、1回あたりの返済額が減っていきます。

きゃっしんぐ【キャッシング】

キャッシングとは、現金自動預払機(ATM)・現金自動支払い機(CD)などで金融機関などから目的自由の現金を借りることです。 基本的には保証人や担保といったものも必要なく、気軽に一時的な現金を借りることができるが特徴です。

きんせんしょうひたいしゃくけいやく【金銭消費貸借契約】

金銭消費貸借契約とは、法律用語で金融機関と締結する金銭の借り入れについての契約のことです。金消契約とも呼ばれることがあります。

くりあげへんさい【繰上返済】

繰り上げ返済とは、手持ち資金に余裕ができたときに、決められた返済スケジュール通りの返済とは別に、残高の一部もしくは全部を繰り上げて返済することです。ただし手数料の徴収がありますので、繰り上げ返済する時はある程度まとまった金額を返済しましょう。

こじんしんようじょうほう【個人信用情報】

個人信用情報とは、お金を借りるときに信用情報機関と呼ばれる機関に登録される情報のことです。氏名、年齢等の他、借り入れに関する契約内容や返済状況などが記録されます。 キャッシングは基本的に無担保融資ですが、銀行や信販系、クレジット、消費者金融などキャッシング会社はこの情報を共有し、利用者の支払いの能力を審査しています。 事故履歴(いわゆるブラックリスト)で3ヶ月以上の延滞の記載があると、ほぼ審査は通りません。くれぐれもご利用は計画的に。しかし履歴は5年間まで。自己破産、債務生理の記録は7年まで。この個人信用情報は各情報機関のHPからご自分で簡単に確認できます。

Copyright (C) 2006 キャッシング玉手箱 All rights reserved.