キャッシング用語集

キャッシングをはじめると専門用語がたくさん出てきます。 ここではキャッシングに関する専門用語をあいうえお順に掲載し、 意味を分かりやすく説明しています。特にこれからキャッシングをはじめる方 はぜひ活用して下さいね。

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 |

−あ行−

あどおんへんさい【アドオン返済】

アドオン返済とは、利息の計算方法のひとつで、現在はほとんど利用されていない方法です。

例えば、
元金=20万円、アドオン料率=月0.6%、返済回数=10回とすると、
利息の総額=元金×アドオン料率×返済回数=20万円×0.6%×10回=12,000円
となり、

毎月の返済金額
=(元金+利息の総額)÷返済回数=(20万円+12000円)÷10回=21,200円
となる。
この場合、アドオン年利は、アドオン月利0.6%×12ヵ月=7.2%となります。

アドオン返済は、元金が分割して返済されるにもかかわらず、利息は減らないものとして計算されるので、実質金利負担は表面金利を大きく上回ります。 このため、利用者の誤解を生むおそれがあり、現在は実質年利のみの表示が義務づけられています。

あずかりきん【預り金】

預かり金とは、申込金など先に渡すお金のことをいいます。契約不成立なら、返金されるお金です。 ただし、出資法では一般大衆の保護と信用秩序の維持の観点から他の法律において特別の規定のある者 (例えば、銀行法に基づく銀行等)を除き、預かり金を禁止しています。

いちぶぞうがくへんさい【一部増額返済】

一部増額返済とは、返済の途中で、決められた返済額より多い金額を返済することです。 これにより債務者は予定より早く完済することができ、 通常より利息などを少なく抑えることが可能となります。 原則として債務者は、決められた返済額より多く返済する権利や、返済日よりも早期に返済する権利を持っています。

いどうじょうほう【異動情報】

異動情報とは、延滞、事故情報のことを言い、ブラックリストの事です。 日本の個人の信用情報機関では、延滞や債務不履行になった債権情報を「異動情報」と呼びます。

いんしぜい【印紙税】

印紙税とは、契約書、受取書など、法律で定められた種類の文書に課税される税金のことです。

えくすてんしょん【エクステンション】

消費者信用でエクステンションとは、「返済期間を延長して、再契約すること」をいいます。

えんたい【延滞】

延滞とは、契約の際に決められた返済日までに約束された金額が返済されずに遅れている状態のことです。 民法では履行遅滞といいます。

おまとめろーん【おまとめローン】

おまとめローンとは、複数の銀行やローン会社から借りている借金を一つ(1社)に一本化して、新しい借金だけを返済していく事です。
複数の高い金利のローンを、低い金利のローンにまとめることで、月々の返済額および総返済額が軽減できる点が大きなメリットです。

Copyright (C) 2006 キャッシング玉手箱 All rights reserved.